治療方法でピックアップした東京の骨粗鬆症専門クリニックカタログ

HOME » 骨粗鬆症に用いられる3つの治療法

骨粗鬆症に用いられる3つの治療法

食事療法/運動療法、薬物療法、統合療法について解説します。骨粗鬆症の治療方法として知っておいてください。

骨粗鬆症3つの治療法とは

それは食事療法&運動療法薬物療法、そして統合療法です。

骨粗鬆症は生活習慣病のひとつとも考えられ、日頃の食事や運動は欠かせません。医食同源という言葉があるように、身体は食べた食物によって作られています

肉を作るにはタンパク質、エネルギーを蓄えるには脂質と必要なように、骨を丈夫にするにはカルシウムが欠かせないのです。そのカルシウムを効率良く摂るための、食べ合わせから改善する食事療法があります。

骨粗鬆症では骨折がなにより心配で、運動などもする気になれないかも知れません。ただ、骨は鍛える(負荷をかける)事で強くなります。運動療法には専門家の意見の元で行いたいものですね。

薬物療法は、西洋医学の見知から科学合成された薬剤を使用します。カルシウムの吸収を促進させる薬、骨の形成を促進させる薬、骨の破壊の進行(骨吸収)を抑える薬を使用します。

統合医療は、西洋医学に偏らずに栄養学や漢方などの東洋医学や様々な療法を、効率良く施術することでそれぞれの効果を最大限に引き出す医療法。副作用のないサプリメントを効果的に摂取することで、薬剤による肝臓など身体に負担を掛けずに、大きな治癒力をひきだすことが可能になります。

 
骨粗鬆症の治療を受ける人のための情報サイト