治療方法でピックアップした東京の骨粗鬆症専門クリニックカタログ

HOME » 骨粗鬆症に用いられる3つの治療法 » 統合医療

統合医療

従来の西洋医学だけではない、骨粗鬆症の根本治療を目指す統合医療について調査。東洋医学や栄養療法などを組み合わせたその治療法とは。

統合医療と呼ばれる骨粗鬆症の治療方法とは

統合医療と呼ばれる骨粗鬆症の治療方法とは統合医療とは、様々な療法を効率的に併せて施術すること。それぞれの医療の効果を最大限に引き出す治療法です

一般的な近代西洋医学のみに頼り切った治療方法だけでなく、多角的な治療を行うことで患者さん一人ひとりの症状や、原因に適切な『医療』を提供しようとするものです。

具体的には伝統的な漢方などの東洋医学や代替療法、最新の分子整合栄養医学による「メガビタミン療法」などを複合的に扱うことが挙げられます。

骨粗鬆症の統合治療としては、栄養療法をはじめ漢方薬、現代西洋医学のお薬を使った治療が行われています。

骨粗鬆症の統合医療が受けられるクリニック

クリニック・ハイジーアのwebサイト画像統合医療を専門に行っているClinic HYGEIA(クリニック・ハイジーア)は根本治療を追求しているクリニックです。

根本治療とは、病気の表面的な症状の対処だけでなく、病気の様々な原因・要因を探り根本的に改善する事を目指します。

病気の原因を突きつめていくと、さまざまな原因が見つかってきます。例えば、以下の内容が挙げられます。

  • 栄養の偏りや加齢によるホルモンバランスの乱れ
  • アレルギーや食物などからの重金属(水銀や鉛など)の蓄積
  • 感染症や酸化ストレス など

それらの原因を取り除き、薬だけに頼らない体に優しい治療をおこなっています。クリニック・ハイジーアの統合医療は次のような特徴を持ちます。

■60項目以上の詳細な血液検査・尿検査

一般的な保険診療では検査項目が最大で22項目までで、根本的な原因を十分に調べることができないと言われていました。

クリニック・ハイジーアの血液検査・尿検査は、自由診療で60項目以上の徹底的な検査を行います。原因不明だった症状や治療が難しい病気の原因を解明する事ができます。

■副作用がない

西洋医学のお薬は、基本的に化学合成された薬剤です。短時間で症状を改善できる反面、根本的な原因を取り除くのではなく対処療法的な側面が大きいのが実情と言えるでしょう。

また化学合成された薬剤は人体には存在しない成分がほとんどですので副作用があるのが一般的です。

天然の由来の栄養素である「サプリメント」を利用することで、サプリメントは体内で代謝され、副作用はほとんどありません。薬剤のように肝臓に負担をかけることもありません。

クリニック・ハイジーアの骨粗鬆症治療について>>

■治療期間が比較的短期間

通常、病状の改善にかかる治療期間は3ヶ月~半年程度と比較的短期間。ですが個人差があり、病状が重い場合は年単位の治療期間が必要になる場合もあります。

統合医療の治療内容

クリニック・ハイジーアでは、分子整合栄養医学と東洋医学(漢方)、さらに現代西洋医学による統合医療を行っています。血液検査・尿検査の検査結果をもとに、目的に応じて治療方針をドクターが決定します。

  • 骨粗鬆症の予防 : 栄養療法
  • 他の生活習慣病を併発している場合 : 栄養療法 + 漢方薬
  • 骨粗鬆症の治療 : 栄養療法 + 現代西洋医学 + 漢方薬

栄養療法に使われているサプリメントは、一般的に市販されているものとは質や含有量が全く異なる、ドクターユースの高純度・高濃度の治療用サプリメント。医師の処方なしには購入できないものですので、効果も高く安心です。

また、必要に応じて栄養療法または漢方に加え、現代医学的な薬剤も取り入れた治療を行っています。骨粗鬆症の根本治療となる統合医療、いま受けられている治療と見比べてみてください。

クリニック・ハイジーアの統合医療をもっと詳しく>>

 
骨粗鬆症の治療を受ける人のための情報サイト