治療方法でピックアップした東京の骨粗鬆症専門クリニックカタログ

HOME » 治療を受ける前に骨粗しょう症を知る

治療を受ける前に骨粗しょう症を知る

症状や原因、検査・予防方法など骨粗しょう症治療について知っておきたいことを分かりやすくまとめています。

治療を受ける前に知る骨粗しょう症という病気

骨粗しょう症の基礎知識を集めました。症状や原因、患者数の実態、検査・予防方法など治療を受ける人が知っておきたい内容を、分かりやすく紹介しています。

骨粗しょう症とは、文字通り骨に鬆(す)が入ったように骨の中が粗く(骨密度の低下)なり、もろくなる病気です。

ほとんどの原因が加齢によるものと言われており、閉経後の女性に多い病気です。女性ホルモン(エストロゲン)が減少することで、カルシウム吸収が悪くなると骨生成のスピードが遅くなります。結果として、骨の新陳代謝のバランスが崩れて、骨粗しょう症になってしまうのです。

治療を始める前に受ける検査には、骨密度の検査や血液検査・尿検査、レントゲン検査などいろいろな種類があります。骨密度の検査方法をとってみても3種類もありますから、クリニックはどのような検査を行っているのかくらいは知っておきましょう。

また、骨粗しょう症は生活習慣病とも言われています。

簡単にできる食事療法や運動療法のアイデア、自宅でできる骨粗しょう症骨折の予防法など紹介していますので、是非、参考にして下さい。

 
骨粗鬆症の治療を受ける人のための情報サイト