治療方法でピックアップした東京の骨粗鬆症専門クリニックカタログ

HOME » 骨粗鬆症の治療が受けられる医院リスト@東京都 » 都立大ペインクリニック

都立大ペインクリニック

対処療法が基本としている、都立大ペインクリニックをリサーチ。骨粗鬆症の治療法法を詳しく調べました。

骨粗鬆症治療が受けられる都立大ペインクリニック

都立大ペインクリニックは、痛みの診断や治療を専門クリニックです。

神経ブロック治療で、一般的に四十肩や、五十肩と呼ばれる肩関節周囲炎の痛みや、腰痛、肩こり、頭痛、はたまた自律神経失調症から更年期障害まで、痛みを緩和してくれます。

骨粗鬆症の治療方法

主に都立大ペインクリニックでは、神経ブロック注射や超音波ガイド下ブロック、レントゲン透視下ブロック、ボトックス注射などの治療を基本としています。

痛みのある所の神経近くに薬を注射し、一時的に神経の興奮を抑え痛みを効果的に治療する神経ブロック注射。また、通常のレントゲンによる検査で患部の神経を探しますが、超音波ガイド下神経ブロック法では超音波で血管や神経、関節を直接診ることができるので、エックス線による被爆がなく安全なブロック治療が行えます。

また骨粗鬆症の検査設備があり、検査を実施している背部痛や腰痛など骨粗鬆症の進行に伴う、圧迫骨折など痛みを改善します。

具体的な治療法としては、骨粗鬆症に起こりやすい胸椎圧迫骨折であればコルセットを装着して安静にします。硬膜外ブロック注射、椎間関節ブロック注射などで痛みを和らげます。

【診療内容】

  • 痛み
    頭痛・顔面痛・肩こり・頚椎症・腰痛・腰下肢痛・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・三叉神経痛・椎間板ヘルニア・帯状疱疹・四十肩・五十肩・膝の痛み・術後の痛み・癌性疼痛など
  • 痛み以外
    自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面けいれん・痙性斜頚・突発性難聴・更年期障害・多汗症など

骨粗鬆症治療が受けられるクリニックBEST5>>

基本情報

クリニック名 都立大ペインクリニック
所在地 東京都目黒区中根2-1-12
アクセス 東急東横線「都立大学」駅から徒歩約3分
診療時間 9:00~13:00、15:00~18:00
休診日 水曜日、日曜日と祝日、土曜午後
 
骨粗鬆症の治療を受ける人のための情報サイト